So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

父の治療3 [雑記]

 ああ……、またも、とっても久しぶりの更新になってしまいました。
 いつものぞいてくださってる皆様、なかなか代わり映えのしないサイトですみません。

 で、突然ですが……。
 
 残念ながら7月に私の父が亡くなりました。
 81歳の生涯でした。
 最期はホスピスで過ごし、静かに旅立っていきました。

 アロマセラピーやハーブやレヨコンプ、そして靴下の重ねばきなどなど、父の病気が少しでもラクになればと、一応、あれこれ試してみました。
 しかし、認知症の父には理解してもらえなかったり、説明しても忘れられたりで、継続して使うということがなかなか難しい現実がありました。
 つきっきりで父の傍にいることができれば別だったでしょうが、私にはフルタイムの仕事があり、また、父と同居の家族への気兼ねもありましたし、なかなか思う通りにことが運ばないことが多くありました。

 それでも、セラピーや介護の知識が何もなかった母の闘病時と比べると、もしかしたら、ほんの少しは私も何かの役に立っていたのかもしれません。
 私自身のことで言えば、父の症状にオロオロすることなく、冷静に対処できてる自分がいて、母の時と明らかに違う、ちょっとたくましくなった自分を感じることができました。
 
 父はある時期から急激に認知症も進んでしまい、普通の会話もままならなくなっていき、表情も乏しくなっていきました。
 同時に、末期がんの症状も顕著になり、頻尿と血尿、そして痛みも父を襲うようになっていきました。
 函館のクリニックへは、当初はがんを治すつもりで通っていたのですが、認知症の進行と共に通う意味が理解できなくなり、がんの治癒経過はなかなか良好だったのですが、体力や気力面でも大変ということで、途中で通院をやめてしまいました。

 認知症の症状が進んでからの父は、夜間、ほとんど寝ずに徘徊するようになってしまい、同居の家族を大変困らせていました。
 父の場合、夕方あたりから仕事モードにスイッチが入り、眠たげな昼の様子とは別人のように目をランランとさせながら「帳簿はどこだ?」とか「お得意さんに連絡しなきゃならん」だの「部品はまだ届かないのか!?」などなど、家中をせわしなく歩き回ったり物探しをしていたようです。
 そして、そんな父に少しでも逆らおうものならすごい剣幕で怒り出すという有様でしたので、同居の家族も疲労困憊し、家ではもうどうにも対処できないということで、認知症専門の病院へ入院となりました。
 
 が、病院へ入院後の父は、本当に本当にかわいそうでした。

 そこは殺風景で無機質な雰囲気で、そんな中にポツンと独り、父が何時間も放置されてる場面も少なくなく、なんとかして父を早くそこから出してあげたいとあちこち奔走してはみたものの、夜間に徘徊をする認知症患者というだけでも敬遠される要因なのに、加えて末期のがんも抱えてるとあって、良い返事をくださる施設がなかなかありませんでした。
 そうこうしている内に、誰の目から見てもわかるほどに父の病状はどんどん加速しながら悪化していき、担当医からも「いつどうなってもおかしくない状態です」と言われ、「ここでこのまま死なせるわけにはいかない!」と、私も毎日、気が気ではありませんでした。

 そんな中、やっと、「どうぞ」とお返事をくださったホスピスがあり、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした!
 末期の患者はホスピスへ……と、多くの方が単純にそう思うかもしれないのですが(私も今回の件までそう思っていたのですが)、ホスピス病棟というのは受け入れ人数もわずかで、その病棟数もごく限られていますから、入りたくてもなかなかは入れないのが現状なのです。
 父を受け入れてくださったホスピスも、実は空き部屋がなかったらしいのですが、「正規の病室ではないのですが、緊急用に確保している部屋でよければ」ということで、受け入れてくださいました。

 父がホスピスへ移ってからは、家族全員、心からホッとしました。
 ホスピスへ移る頃の父は、もう自力で立ち上がる体力もなくなり、会話も非常にチグハグなものになっていたのですが、ホスピスでのなごやかな雰囲気と手厚い看護は、父にも伝わっていたのではないかなと思います。
 ホスピスに移ってから、父はお茶会に出席したり、孫のキーボード演奏や大好きな音楽を楽しむ機会もありました。
 朗らかな看護師さんや医師達も、しょっちゅう父の様子を見に来てコミュニケーションをとってくださり、その様子に私達家族も癒されていました。

 そうして、父はホスピスへ移ってから11日目……、安らかに光の世界へと旅立って行ったのでした。

 身体の治療のみならず、ホスピスのように心のケアも大切に考えてくれる病院が、もっともっと世の中に増えるといいですね。
 病院のみならず、様々な施設、学校、職場、地域、はたまた家庭でも、お互いの心を常に大切に優しく思いやることができたら、どんなに素敵でしょう……。

 今回の父の死も、確かに非常に悲しくさびしいことではありますが、とても貴重な経験と勉強をさせていただいたなという気がしています。
 同時に、今回のことで心にぽっかり穴が空いた……というより、なぜか、心の中にふんわりとした暖かな光が灯ったような、そんな感覚があるのです。

 とにもかくにも、さあて、心機一転です!
 この先、ますます私らしく、精一杯、生きていこうと思います!

 今までも、そして今、この瞬間もありがとう、お父さん!
 お母さんには会えましたか?
 そこからきっと見えてるでしょう?
 この通り、私は今日も元気です!(*^▽^*)
コメント(0) 

2018年 謹賀新年 [雑記]

 [ぴかぴか(新しい)]明けましておめでとうございます[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

 皆さま、お一人お一人にとって、素晴らしく充実した一年となりますように!

 新年早々、ブログをのぞいてくださってありがとうございます。(*^v^*)
 私は今年もあれこれチャレンジの年になりそうです。
 まずは、1月末にある介護福祉士試験、頑張ります!
(>■<;)こうなったら当たってくだけろだわ〜! ←すでにちょっとヤケクソ

 ともあれ、
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
コメント(2) 

父の治療2 [雑記]

1.jpg アロマセラピーが認知症に有効だということで、今日は父の元へ、朝と夜用のブレンド精油とアロマネックレス、それとお手軽デフューザーを持って行って来ました。
 
 認知症になる前兆の一つに、嗅覚異常があるそうです。
 高齢になり、匂いを感じなくなると、五年以内に亡くなる割合も高くなるのだとか。
 嗅覚は本能や感情を司る大脳辺縁系と直結していますから、寿命とも大きな関連があるのがなんとなくわかる気がします。

 さて、父のことですが、現在の父は匂いに関してかなり鈍感です。
 今回の精油をつけたムエット(試香紙)を鼻先に近づけてみた所、ややしばらくしてから「ああ、なんか匂うね」といった具合でした。
 父と一緒に住んでいるわけではないので、いつ頃から父が匂いを正しく感知できなくなったのか定かではないのですが、最近は傷んだ食材の嫌な臭いもよくわからないそうです。
 しかし全く匂いを感じないわけではないので、嗅覚を積極的に刺激すれば、もしかしたら改善するかもしれません。
 嗅覚は比較的、再生しやすい感覚とのことですし、嗅覚への刺激は認知症を患った脳にもとても有効だという医学的なデータもあります。

 とりあえず、がんばって二週間程、朝と夜とで違う香りを嗅いでもらうよう、父と、それから同居している家族に頼んできました。
「アロマネックレスはもしかしたら嫌がるかも……」と思っていたら、案の定、予感的中で、ネックレスのチェーンが首に着くのが嫌だと拒否されてしまいました。
 そんなわけなので、部屋にふんわり香りを香らせてもらうか、活動する昼間は、父の衣服のポケットに、香りのついたコットンか綿棒なんかを入れてもらうことにしました。
 さてはて、どうなることやら……って感じです。
 
 父が抱えているもう一つの病気、膀胱がんのことなのですが、引き続き今現在、特にがんの辛い自覚症状はないようです。
 つい先日、病院での検査が再びあったそうなのですが、担当医がすごく驚いていたとか。
 なぜって、前回までのCT画像では、膀胱がんの転移による左のリンパ節の腫れが確認できたのに、今回のCT画像には、そのリンパ節の腫れがすっかりなくなっていたそうなのです!
 担当医が思わず「不思議だな」とつぶやいていたそうです。
 函館の病院での治療が効いているのか、レヨコンプのおかげなのか、それとも父が生活習慣や食事の改善努力をしてることで治癒力が高まったのか、その辺はよくわからないのですが、がんの方はわずかばかり、回復の様子が見られました。
 でも、まだ膀胱自体のがんが消えたわけではないですし、今後も注視していきたいと思います。
コメント(2) 

父の治療 [雑記]

 ブログに記すべきかどうかずい分迷ったのですが、もしかしたら、私と同じような状況で悩んだり悲しんだりしてる方がいるかもしれないと思い、そして、少しでもそういった方々へなにかの参考になればいいなとも思い、私の父の状況を記すことにしました。

 現在、私の父は80歳で、昨年末(2016年)に末期の膀胱がんとアルツハイマー型認知症であるとの診断を受けました。

 膀胱がんの手術も一応受けたのですが、お腹の中の様子を診て、医師はそのままお腹を閉じたとのことでした。
「年齢からみても、抗がん剤などの治療は身体に大きな負担がかかりますから、このまま自然に任せましょう。どうぞ好きなことをして過ごしてください。痛みが出たり苦しくなったら、また(病院に)来てください」と、担当医はじつにあっさりと父に言ったそうです。
 セカンドオピニオンを試したいと話してみた所、その担当医はものすごく不機嫌になったとか……。

 と、そんなわけで、父はがんを治すための一般的な治療は、全く受けずに今日まで過ごしています。
 アルツハイマーに関しては、進行を遅らせるメマリーと抗不安薬のアメルという(なにやらかわいらしい名前の)薬を服用しています。

 父が末期の膀胱がんと認知症であると知った時、もちろん私は一時的には強い衝撃を受けました。
 けれど、母が胃がんの診断を受けた時のようにひどく取り乱すことはありませんでした。
 介護施設で様々な症例の方々に接してきた経験も幸いしてか、「ああ……、父もそういう年齢になったんだな。少しずつ死ぬ準備を始めたんだな」と、自分でも驚くほど静かな気持ちで父の現状を受け止めることができています。
 母のがん闘病の時は『なにもできない自分』でしたが、今回は『少しは役に立つ自分』かもしれないな……とも思ってます。
 この先、父がもし、一人でトイレにも行けず、食べることもできず、寝返りさえ打てなくなっても、「大丈夫!私にまかせて!」と、にっこり笑って言うことができます。
 父の方も、私が介護士の経験があることで、少なからず安心しているようです。
 アロマセラピーが認知症にも有効であることを父に話した時、「お父さんを実験台にしていいよ」と、言ってくれたので、これから父にアロマセラピーも試してみる予定です。
 その様子や変化も、ここに記していく予定です。

 先の文面で、父はがんを治すための一般的な治療は受けていないと記しましたが、じつは、4月頃から一般的ではない治療は受けています。
 いわゆる、自由診療というものです。

 父が月に数度の割合で通っている病院はこちら↓です。

       アドバンス・クリニック函館

 このアドバンス・クリニック函館で治療を受けるようになって、末期の膀胱がん特有の症状である背中の痛みが消えたそうです。
 確かにがんの診断を受けた当初、父は背中の痛みを訴えて辛そうな表情をしていましたし、痛みのせいで背中をまっすぐに伸ばすことができず、よろよろと前のめりになって力無く歩いていました。
 けれど現在の父に苦痛の表情は全くなく、足取りも以前と比べるとしっかりしています。

 父は函館の病院の治療のほかに、私が持っているレヨコンプによるバイオレゾナンス(波動療法)も一日置きに試しています。
 私が父用に膀胱がんやアルツハイマーに効きそうなプログラムを8時間分組み立て、就寝中にそのプログラムで身体の気を整えているのです。

 先月(6月)の担当医による検診では、父のがんは『維持』の状態だそうで、初診の状態から進行しているわけでも治癒しているわけでもないとのことでした。
 でも、明らかに辛い自覚症状は父から消えているわけで、たとえがんが消えなくても、この先普通に生活していけるなら、「このままでもいいんじゃない?」とも思えます。

 函館の病院の治療やレヨコンプが、父の身体にどれほど良い影響を与えるものなのかそれは全くわかりませんが、いや、もしかしたら影響などなにもないのかもしれませんが、とにかく、父の毎日が少しでも平和で充実したものになるよう、心から願っています。

 ちなみに、父の担当医は、やはり自由診療を受けてることに関して良く思っていないようで、「そんなものを受けたって……」というようなことを言う反面、父から痛みが消えたことですごく興味を持ったようで、「その治療を受けて、今後なにか変化があったら教えてください」とも言っていました。

 この先、頭の固い担当医をあっと言わせるような嬉しい変化があるといいな。
 でも、ま、焦らず考えすぎず、目の前のことをていねいにこなしていきたいなと思っています。
コメント(0) 

2017年 旧暦のお正月 [雑記]

1.jpg みな様、明けましておめでとうございます!

 今日は旧暦のお正月です。

 私はカレンダーに従ったお正月より、暗く厳しい寒さがなんとなく和らいだ今時期のほうが『初春』という気がするのですが、みな様はいかがでしょう?

 年明けと共に、早速、自分の一年の予定を考えてみたのですが、みな様は、どんな一年になりそうですか?
 どんな一年にしたいですか?

 実は現在、私はリハビリを中心としたデイケア(通所サービス)に勤務しております。
 現在の職場では、理学療法士や作業療法士、看護師達と共に連携をとり、様々な障がいを持った方々に接しています。
 今まで関わったグループホームや特養といった、高齢者だけを対象とした施設とはまた違った考え方やケア方法があり、私にとって、新たな学びの場となっています。
 4月辺りから、もしかしたらアロマセラピーのトリートメントもやらせていただけるかもしれないので、ひそかにワクワクもしています。

 来年、私は介護福祉士の試験に挑戦予定です。
 なので、今年はセミナーに通ったりと、あれこれ忙しく勉強する日々になりそうです。
 もちろん、セラピーや植物、自然に関することも、まだまだ知りたいことが一杯!
 創作だって続けたい!

 と、そんなわけですから、年明け早々、私の一年の予定はすでにぎゅうぎゅう詰めでございます。(*==*;)どうなることやら…

 ともあれ、(大変遅ればせながら)本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
 サロンワークも、変わらずのんびりマイペースで続けていけたらと思っております。
コメント(0) 

アレッポの石鹸 [雑記]

 便利な液体ソープより、私はちょいと手間のかかる固形石鹸が好きです♪

 お湯やお水をつけてブクブク泡立てる行為が楽しいし、コロンとした形が使っているうちに少しづつ小さく形を変えていく様子もなんだか面白い♪
 大きかった石鹸をすっかり使い切ったときには、すがすがしい(?)達成感さえ感じます。
「最後まで使い切ったわ〜!」と。

 私がいつも好きで選ぶ石鹸は、植物性オイルが原料のハンドメイドのものです。

1.jpg アレッポの石鹸もその内の一つ。

 おしゃれな香りはついていませんし、見た目もこのように素朴な石鹸ですが、私はそのちょっと無骨なところが「いい味出してるな〜」と、気に入っています。
 なにも飾りがなくシンプルを守っているというのは、ある意味、中身に自信があるからできること。
 実際、良質なオリーブオイルから作られているアレッポの石鹸で髪や肌を洗うと、しっとりツルツルになります♪
 
 今回、アレッポの石鹸を買ったのは、秋冬の乾燥肌対策と、それからアレッポをわずかばかりでも応援したいと思ったからです。
 みなさんもご存知の通り、現在、アレッポがあるシリアは内戦によって混乱状態です。
 
 「この石鹸を作ったかたは無事かしら?そのご家族はどうしているかしら?一刻も早く争いがおさまりますように」と、この石鹸を目にするたび使うたびに思い、願っています。
コメント(0) 

お金を拾いました [雑記]

1.jpg 買い物の帰り道、風に吹かれてカサコソとこちらに向かって来るものがありました。
 はじめは「ゴミかな」と思っていたのですが、よくよく見たら、なんと千円札!
 辺りに人影はなく、落とし主が戻ってくるかもしれないと、その場で少し待ってもみたのですが、サロンのご予約も入っていたため、とりあえず千円札を拾って家へ帰りました。
 で、仕事が一段落してから警察に届けに行ったのですが、「たぶん、落とし主は現れないと思いますよ」と、おまわりさん。
 確かにねえ……、千円落とした位では、私も警察に行かないかもしれません……。
 でも、落とした千円のために、もしかしたら大切な買い物や支払いができなかったかもしれないし、子供のなけなしのお小遣いかもしれない……。
 お札が折りたたんであって、その端がくしゃっとシワになっていたところから察するに、落とし主はとりあえず千円札をポケットへ入れ、落としたことにも気づかないほど急いでいたのかな……と。
 落とし主の心情を思うと、ちょっと切ない気持ちになりますね。

 それから、その日はもう一つ、印象的な出来事がありました。
 千円札を警察へ届けた帰りのことなのですが、私の前を早足で行く女の子がいて、その子がはいてるスカートが、どう見てもへんてこりんで……。
 だってね、前側はくるぶしが隠れる程のロング丈なのに、後ろ側は超ミニミニ丈で、黒いタイツをはいたおみ脚が、ぺろ〜んと見えてしまっているの!
「え!?あれはああいうデザインなわけ!?それとも、後ろ側のスカートがめくれているわけ!?」と、一瞬悩みましたが、勇気を出して追いかけて行って、女の子に声をかけました。
「あの、もし間違ってたらごめんなさい。スカートの後ろ、めくれてますよ」と。
 すると女の子は、「え?ああ……」と、その場で超ミニミニ丈だった後ろスカートを黒いタイツから引き出し、またスタスタと行ってしまったのでした。
 たぶん、千円札の落とし主同様、彼女もとても急いでいて、うっかり後ろスカートのスソをタイツの中に入れ込んだままはいちゃったんでしょうね。

 という具合に、今日は小さな親切をした日でした。
 (私もスカートをはく時には気をつけなきゃ!(*==*;)
コメント(0) 

遅咲きの桜 [雑記]

1.jpg 札幌の桜も、もうそのほとんどが散ってしまいましたが、今が見頃の桜もありました♪
 出かけた先のバス停で降りたら、見事な桜のトンネルが!
 思わず近づいてパシャり!と記念の一枚。
 撮影時間がわずかしかなかったのが残念。

 辺りには桜のほかにもチューリップ、スイセン、ムスカリにエニシダ、モクレンなんかの花々も咲き乱れて、吹く風もほんのりいい香りでした。
 北海道もやっと春本番です♪
コメント(0) 

旧暦の新年 [雑記]

 皆様、明けましておめでとうございます!

 なんて言ったら、「今頃、何言ってんの?」と変な人に思われそうですが、今日は旧暦上の元日です。
 もし、外国からカレンダー(太陽暦)なるものが入ってこなければ、私達、日本国民は今日、新年のお祝いをしていたはずなのです。
 初春にふさわしく、今日の札幌は朝から穏やかなお天気で、澄んだ青空が広がっていました。
 私はプライベートではひそかに旧暦に沿って生活をしているので、元日の今日、一年の目標や予定を立てました。
 その予定の中に、長らくお休みしているサロン再開というものもあります。
 できれば、4月辺りから……。
 再開の折には、メニュー変更も少しあるかもしれません。
 セラピーのボランティアも、なんらかの形で再開したいなとも考えています。
 昨年は慣れない介護のお仕事で精一杯だったので、今年は昨年の分も創作活動を充実させたい……。
 
 と、何やらこの新年も、忙しくあっという間に駆け抜けることになりそうです。

 ともあれ、2016年もどうぞよろしくお願い致します!
コメント(0) 

自然栽培のリンゴ [雑記]

 私はナチュラルハーモニーさんの定期宅配を利用して、自然栽培(無肥料、無農薬)の食材をお取り寄せしています。
 届けられる野菜や果物はその時期の収穫に合わせてセットされてくるので、購入者が自由に選択して組み合わせることはできません。
 なので、そういった点が不便だという人もいるようなのですが、私はかえって『ふたを開けてみてからのお楽しみ♪』って感じで、毎回思いがけないプレゼントを受け取るような気分でわくわくします。(*^v^*)

 a1.jpg で!
 今回初めて、念願の自然栽培のリンゴがセットの中に入ってきました〜!
 
 木村秋則さんの『奇跡のリンゴ』をご存知の方も多いことと思います。
 菅野美穂さんと阿部サダヲさんが主演の映画化にもなりましたね。
 私も木村さんの御本を拝読して感動した一人で、『奇跡のリンゴ』が一体どんな味がするのか、いつか食べてみたいと、ずっと以前から憧れ思い続けていました。
 でも、木村さんの所のリンゴはあっという間に完売してしまうというし、ほかの自然栽培の農家さんのリンゴも同じ状況のようで、「ま、いいかあ」と、『奇跡のリンゴ』入手は半ばあきらめていたのです。

 が、今回、また一つ、夢が叶いました〜!!!\(*T▼T*)/バンザ〜イ

a2.jpg 自然栽培のリンゴも一般に売られているものと変わらない見た目です。
 香りももちろん普通のリンゴの香り。
 当たり前ですが……。
 でも、無農薬ということで、皮も丸ごと安心して食べられます!
 そんなわけで、とっても久しぶりにうさぎリンゴを作ってみました♪
(*ーー*:)イマイチな切り方ですが……。
 子供の頃、私は母が作ってくれるうさぎリンゴが大好きでした♪
 何か特別な味がするようにも感じていました。
 子供って、ほんのささやかなことで幸せになれちゃう達人ですよね。
 幾つになっても、そういった純粋で素直な感性は大切にしたいなと思っています。
 なんて、リンゴをうさぎ形に切りながら改めて思ったりもしました。

 さてさて、うさぎリンゴ、いえ、自然栽培のリンゴを実際に食べてみて、そのお味はどうだったかといいますと……!

 なんとなんと!

 普通のリンゴの味でした!!
 
 シャキシャキとした、優しく甘酸っぱいリンゴの味。

「なあんだ」と思う人もいるかもしれませんが、たくさんの農薬や肥料を与えて育てる一般栽培に比べると、自然栽培の方が色んな面でお得です。
 今の所、自然栽培の農家さんがまだ少ないこともあり、作物自体の値段は自然栽培の方が割高です。
 けれど、一般栽培の農法が地球環境や私達の健康にどれだけ影響を与えるかという点から見ると、自然栽培の作物がもっともっと世の中に推奨されるべきだと思います。
 広く知られるようになった有機農法(オーガニック)も、場合によっては環境や健康に悪影響を与えているそうで、有機農法に行き詰まりを感じてる農家さんも大勢らっしゃるとか……。
 この先、自然栽培だけというのも無理な話かもしれませんが、自然栽培がもっと当たり前になって、その割高な作物の値段も安くなれば、健康な人も増えて環境も良くなって、幸せな人も今よりたくさん増えるように思います。

m.jpg 左の写真は自然栽培のミカンです。
 リンゴでは一般栽培との味の違いは正直言ってあまり感じなかったのですが、ミカンの場合いはその味に歴然とした違いを感じます。
 近所のスーパーで買ってきたミカンは美味しいものもありますけれど、その時によって味が薄かったり水っぽかったり、パサパサして変な味がすることもあったりで、食べてがっかりすることがよくあります。(=~=|||)
 そんなわけで、スーパーで買う時は、どれを選ぶべきか、どれが美味しいか、いつもちょっと緊張します。
 でも、自然栽培のミカンはいつ食べても美味しい!
 みずみずしくて、バランスの良い甘さと酸味がギュッと詰まってる感じがします。
 自然栽培のミカンが手に入った時は、外側の皮も捨てずにお風呂に入れたり、ハーブティーに加えるなどして、ミカン丸ごと余すことなく楽しませてもらっています。

 さあて、次はどんな自然栽培の食材が届くかな♪
 毎回とても楽しみです♪(*^v^*)
コメント(2)