So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最近思うこと [からだのお話]

 ここ数年の間に、私の身近な友人知人の中から、婦人科系の病気やがんで、大きな手術をする人がたて続けに出るようになりました。
 身近な方々からの病気のお知らせは、私にとっても大変なショックです。
 
 実は私、二十代から三十代前半にかけて、とても不規則で不健康な生活をしていました。
 病気になった彼女達より、私の方が何倍もとんでもない生活をしていたのですが、今の所、私は入院をするような病気にはかからずに済んでいます。
 セラピーや健康に関する勉強をして、自分自身でもあれこれ実践しているのが功をなしているのだと思います。
 ですが、やはり、長年の悪習慣が原因で、慢性疲労や自律神経をおかしくして心身共に絶不調だった時期が私にもあります。

 私の場合は、不調になった原因が自分でよくわかっていましたので、生活の基本を見直して、食事や睡眠、考え方を、少しづつ少しづつ良い方向へ変えていくよう努力しました。
 でも、完全に夜型だった生活を朝方に戻すのは、とてもとても大変で、愛煙家がなかなか禁煙できないのと一緒で、途中で何度も夜型に戻ってしまったり、自分の意思の弱さに落ち込んだりと苦労しました。
 それでも、「元気になるんだ!健康になるんだ!」との強い思いがあったので、毎日ちょっとずつではありましたが、努力を継続することができました。
 そうやって、心身共にすっかり元気な状態へ戻ったのは、なんと、健康への努力を始めてから、約十年後です。

 十年もかかったの!?
 と、この記事を読んで驚かれる方もいらっしゃるでしょうね。
 十年…、確かに長いかもしれませんね。
 でも、セラピーや身体のことを勉強してみると、大きく壊れた身体の修復に、その年数が必要だったことがよく理解できます。
「十年かかるのも無理ないなあ。むしろ、たった十年で元気になれたなんて、ラッキーだなあ。私の身体さん、よくがんばってくれたなあ」
と、感動してしまいます。

 私達の身体は、60兆、80兆個とも言われる細胞達の連携で成り立っているそうです。
 最近は、私達が意志を持って行動するように、一つ一つの細胞自身が独自の意思を持って動いているという学者さんの説も出てきていますよね。
 なんか私、その説に大いに納得しちゃいます。

 例えば、歯が一本抜けたとします。
 歯が抜けた本人は大したことに思っていなくても、それ以降、なぜだか腰や脚がいたくなったり、肩が凝ったりすることが多くなったりします。
 でも本人は、そういった身体の不調がまさか歯が原因だとはなかなか気付くことができず、うつうつと苦しみ、悩んだりするわけです。
 
 この例は、本来、そこにあるべき歯がなくなり、口の中の調和が崩れてしまったという信号が全身に行き渡り、細胞達が独自に動き出した証拠だと思います。

(ー●ー;)「ちょっと身体の重心を右にずらしたら、バランスがとれるんじゃないか」
とか、
(@◆@|||)「いや、そうすると左がおかしくなるから、肩の筋肉をちょっと固くしてみようか」
(>▲<*)「えー、でも、そうすると、今度はこっちが変になっちゃうんですけどー!」

なんて、細胞達があーでもない、こーでもないと、抜けた歯の分の働きやバランスを補おうとがんばっちゃって、口の中のみならず、全身のバランスがなんだかどんどんおかしなことになっていき……。

 と、こういった例は、実際よくあることらしいのです。

 で、私の話に戻すと、長年に渡りじわじわと痛めつけてしまった身体が見事に復活したのは、私の身体の全細胞達が、あっちを調整し、こっちを調整し、10年という歳月をかけ、丁寧に丁寧に修復工事をしてくれたからなのです。
 
 こういった自分自身の経験や、周りの方達を見て最近思うのは、


 私達の身体というのは、ちょっとした悪いことの積み重ねでどんどん悪くなっていく

ということ。
 
 その一方で、

 ちょっとした良いことの積み重ねで、どんどん良くなる

ということです。

 健康だった人が、翌日、いきなり重病にかかるなんてことは、よほど強力なウイルスか何かにやられない限り、到底考えにくいわけで、やはり病気の原因というのは、日々の悪習や自分に合わない環境での生活の積み重ねだと思うのです。
 そして、現代の私達はとてもせっかちで、すぐに良い結果を求めたがる風潮がありますが、早く大きな結果を出そうとすると、思いもよらない別の負担が増えたりします。
 
 私達も自然の一部です。
 自然のリズムというのは、とてもゆったりと大きな流れですよね。
 そのことを心に留めておくと、身体の状態がすぐに変化しなくても、焦らずに済むのではないかなあと思います。
 更に、自然というのは、素晴らしい力をたくさん備えています。
 つまり私達の中にも、素晴らしい力がたくさん詰まっているということです。
 そう考えると、病気との向き合い方も変わるのではないでしょうか。
コメント(2) 

コメント 2

まっち

こんばんは。

私は健康オタクなので、今まで色々な健康法を試しては、なかなか効果が表れず、やめてしまった事が何度もあります。
確かに、良い結果を早く求めてしまうと、「精神的な焦り」という、別の負担が増えます。
ゆったり構える、というのも大事なんですね。エミ先生のおかげで気付く事が出来ました。

最近、今頃になって気付いた事があります。
それは、病気や不調を治すのは、私たちの身体自身なのであって、病院や薬は、その手助けをしてくれるだけなんだ、という事です。

私は今まで、病気や不調は、病院や薬が治してくれるものなのだとばかり思っていました。
でも、どんなに効くと言われている薬を飲んでも効かなかったり、薬との相性もあったり、結局は、身体自身が戦ってくれているんですよね。
風邪で熱が出るのも、ウイルスを殺すためですし。

免疫力や自然治癒力など、人間の身体にも、素晴らしい力ってたくさんありますよね。
それを日常でどううまく引き出していくか、というのも、健康のテーマですね(^▽^)
by まっち (2015-09-07 19:18) 

Emi

* まっちさんへ *

おはようございます、まっちさん!
お返事遅くなりすみません。

>最近、今頃になって気付いた事があります。
それは、病気や不調を治すのは、私たちの身体自身なのであって、病院や薬は、その手助けをしてくれるだけなんだ、という事です。

そうそう、そうなんです!
いくら効果があると言われてる薬や治療を取り入れても、私達の身体の中に治す力がしっかりないと、薬も治療もなんの役にも立ちません。

>免疫力や自然治癒力など、人間の身体にも、素晴らしい力ってたくさんありますよね。
それを日常でどううまく引き出していくか、というのも、健康のテーマですね(^▽^)

はい!(*^o^*)
それこそが、本当に大切なことだと私も思います。
私も一度身体を壊して、あれこれ勉強して、やっとそのことに気付きました ♪
by Emi (2015-09-14 09:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。