So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ロシアの森の香り [アロマセラピー&ハーブ]

1.jpg 先日、『アナスタシア』という本を読みました。(図書館で借りて)
 Amazonの『おすすめ商品』で紹介されていて、「…どんな内容だろう?」と、ちょっと興味を持ったからです。(Amazonさん、なぜこの本を私へのおすすめに?)

 とても不思議なお話でした。
 ロシアの大自然の森の中で、たった一人で生活してるアナスタシアという名の女性(美女!)のお話なのですが、実話なのか作り話なのか、読む人の判断にゆだねられてる作品なのです。
 アナスタシアは自然と共存する様々な知恵を持っていて、動植物達と心を通わせて話をすることもできるし、優れた身体能力と超能力(?)をも合わせ持ってるという、まさにスーパーウーマン。
 そしてアナスタシアは日々、地球の平和のために祈りを捧げているそうで……。
 と、私の下手な説明だけ読むと、「そんな話、実話なわけないだろ!」とだれもが思うでしょうが、ロシアでは実際にアナスタシアの考え方を実践し、生活を送るコミュニティーも数多く存在するのだとか…!
 『アナスタシア』の続刊もあるようですし、気になる方はお読みなって、実話かどうかご自身で判断なさってみてください。

 なんと、『アナスタシア・ジャパン』という会社もすでにあり(!)、アナスタシアの住む森でアナスタシアの指示通りに作られたという製品を扱っています。

2.jpg そこで今回、どんな製品なのか自分の五感で確かめてみたいと思い、そこから精油とオイル、それからハーブティーをお取り寄せしてみました。

 まず、一番興味があったのが精油です。(一応、アロマセラピストですし!)
 今回のものはシベリア杉の葉と球果(松かさ)から採取されたという精油で、写真でいうと、緑のパッケージが葉の精油で、茶のパッケージが球果の精油です。
 アロマセラピーで一般的に出回ってる精油の中に、今回の精油の学名と同じ『Pinus』がつくパイン(別名:ヨーロッパ赤松、スコッチパイン、パインニードル)がありますが、その香りはシベリア杉のものとはやはり違います。
 パインは針葉樹独特のツーンと尖った緑の強い香りがしますが、同じ松科でもシベリア杉の方は穏やかな印象です。
 爽やかに優しく心の中にしみてくるような、そんな感じです。
 球果の方は更に落ち着いた香りで、リラックスやグランディングの時に向いてるかなと感じました。
 という具合に、二つの精油はそれぞれ違う印象なのですが、元々同じ木から採ったものですし、二つの香りを一度に使う方が自然な気もします。
 葉と球果の香りを一緒に嗅いだ印象は、単体で使うより更に香りに奥行きが出て、大きな針葉樹の下に立った時のような、何とも言えない心地良い香りになります。
 思わず私、何度も深呼吸してしまいました。(*ーoー*)ス〜ハ〜

3.jpg

 もちろん、今回お取り寄せしたシベリア杉の精油は、私のお気に入りの香りに仲間入りです♪
 シベリア杉の精油を試してみたい方は、サロンへお越しの際、遠慮なくおっしゃってくださいね。

5.jpg さて、次はハーブティーについてですが、変な癖もなく、とても飲みやすいハーブティーでした。
 これはヤナギランという植物のハーブティーなのですが、ロシアでは昔からポピュラーなお茶なのだとか…。
 ネットでちょっと調べただけの知識ですが、ヤナギランはお茶にするだけではなく、葉や茎、根まで、お料理にも使える植物らしいです。
 機会があれば、是非、食べてみたいです♪

4.jpg 最後はオイルについてですが、このオイルはシベリア杉の球果を低温圧搾したエクストラバージンオイルです。
 ボトルのラベルに描かれてる女性は、アナスタシアのイメージなのでしょうね。
 
 早速オイルも飲んでみたのですが、大変美味しい味で飲みやすく、びっくりしました!(松かさの見た目から、なんとなく苦くて癖のある渋い味を想像してたのですが…)
 その味は、香ばしく甘いナッツ風味にほんのり塩気もあって、更に遠くの方で『松』を思わせる緑の爽やかな印象も受けました。
 亜麻仁油や月見草油、荏胡麻、胡桃などに含まれるオメガ3(必須脂肪酸)の成分を含んでいることから、免疫力強化や体質改善など、健康にもとても良いオイルのようで、ロシアでは病後の回復や虚弱体質の方に使われてきたそうです。
 このオイルをいち日小さじ(木のスプーンで)一杯ずつ、陽の出てる時間帯に3回飲むことを30日程続けると、アナスタシアの説によれば、頭の回転も良くなり身体も若返るのだとか…!
 確かに、オメガ3を含んでることからも身体に良いオイルだとは思いますが、毎日、それも長期的に続けるとなると、結構な出費になってしまいます。
 私は今の所気になる不調もありませんし、このオイルはしばらく必要ないかな…と、感じました。
 でもとても美味しいオイルなので、ドレッシングに使ったり食べる楽しみのために、時々購入するかもしれません。
 月見草油と同じように、きっとトリートメントオイルとしても使えるはず…。
 シベリア杉のオイルと精油を合わせたトリートメントオイルも、心身にとても良さそうです。
 という訳で、アナスタシアの世界を楽しみたい方は、サロンのご予約時にどうぞお知らせください。

 ところで、アナスタシアが実在するかどうかですが、私としては、「いて欲しいなあ」という感想です。(曖昧ですみません!)
 もしアナスタシアが実在しないとしても、本の中に描かれてる情景や考え方は感動的ですし、共感できる所は自分の生活に取り入れてみようかな、なんて思ってます。
 
 …それにしても、世の中には実に様々な考え方や生き方があるものですね。
 今回、『アナスタシア』を読んで、改めて深く思いました。
コメント(2) 

コメント 2

カコ@PICNICA011

エミさん、お久しぶりデス!

リニューアル後、おじゃまできずに今日まで来てしまいましたが、
ブログ、楽しみに読んでいました。

ら!

なんと『アナスタシア』!!!!!

買おうか、図書館で借りようかさんざん迷った挙句、
図書館で順番待ちをしているところなのです!

オイルなども気になっていたので、
今回の記事はすっごくときめきました!
ありがとうございました!!


by カコ@PICNICA011 (2014-03-26 13:13) 

Emi

* カコ@PICNICA011さんへ *

コメントありがとうございます!
(>▲<;)お返事が大変遅くなり、失礼致しました!

図書館の『アナスタシア』の順番は、もう回ってきましたか?
私は今、続編の順番待ちの最中です。

カコさん、お元気ですか?
すっかり暖かな季節になりましたね。
花の季節も存分に楽しまれますように!
by Emi (2014-06-10 12:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。