So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

父の治療3 [雑記]

 ああ……、またも、とっても久しぶりの更新になってしまいました。
 いつものぞいてくださってる皆様、なかなか代わり映えのしないサイトですみません。

 で、突然ですが……。
 
 残念ながら7月に私の父が亡くなりました。
 81歳の生涯でした。
 最期はホスピスで過ごし、静かに旅立っていきました。

 アロマセラピーやハーブやレヨコンプ、そして靴下の重ねばきなどなど、父の病気が少しでもラクになればと、一応、あれこれ試してみました。
 しかし、認知症の父には理解してもらえなかったり、説明しても忘れられたりで、継続して使うということがなかなか難しい現実がありました。
 つきっきりで父の傍にいることができれば別だったでしょうが、私にはフルタイムの仕事があり、また、父と同居の家族への気兼ねもありましたし、なかなか思う通りにことが運ばないことが多くありました。

 それでも、セラピーや介護の知識が何もなかった母の闘病時と比べると、もしかしたら、ほんの少しは私も何かの役に立っていたのかもしれません。
 私自身のことで言えば、父の症状にオロオロすることなく、冷静に対処できてる自分がいて、母の時と明らかに違う、ちょっとたくましくなった自分を感じることができました。
 
 父はある時期から急激に認知症も進んでしまい、普通の会話もままならなくなっていき、表情も乏しくなっていきました。
 同時に、末期がんの症状も顕著になり、頻尿と血尿、そして痛みも父を襲うようになっていきました。
 函館のクリニックへは、当初はがんを治すつもりで通っていたのですが、認知症の進行と共に通う意味が理解できなくなり、がんの治癒経過はなかなか良好だったのですが、体力や気力面でも大変ということで、途中で通院をやめてしまいました。

 認知症の症状が進んでからの父は、夜間、ほとんど寝ずに徘徊するようになってしまい、同居の家族を大変困らせていました。
 父の場合、夕方あたりから仕事モードにスイッチが入り、眠たげな昼の様子とは別人のように目をランランとさせながら「帳簿はどこだ?」とか「お得意さんに連絡しなきゃならん」だの「部品はまだ届かないのか!?」などなど、家中をせわしなく歩き回ったり物探しをしていたようです。
 そして、そんな父に少しでも逆らおうものならすごい剣幕で怒り出すという有様でしたので、同居の家族も疲労困憊し、家ではもうどうにも対処できないということで、認知症専門の病院へ入院となりました。
 
 が、病院へ入院後の父は、本当に本当にかわいそうでした。

 そこは殺風景で無機質な雰囲気で、そんな中にポツンと独り、父が何時間も放置されてる場面も少なくなく、なんとかして父を早くそこから出してあげたいとあちこち奔走してはみたものの、夜間に徘徊をする認知症患者というだけでも敬遠される要因なのに、加えて末期のがんも抱えてるとあって、良い返事をくださる施設がなかなかありませんでした。
 そうこうしている内に、誰の目から見てもわかるほどに父の病状はどんどん加速しながら悪化していき、担当医からも「いつどうなってもおかしくない状態です」と言われ、「ここでこのまま死なせるわけにはいかない!」と、私も毎日、気が気ではありませんでした。

 そんな中、やっと、「どうぞ」とお返事をくださったホスピスがあり、嬉しくて嬉しくてたまりませんでした!
 末期の患者はホスピスへ……と、多くの方が単純にそう思うかもしれないのですが(私も今回の件までそう思っていたのですが)、ホスピス病棟というのは受け入れ人数もわずかで、その病棟数もごく限られていますから、入りたくてもなかなかは入れないのが現状なのです。
 父を受け入れてくださったホスピスも、実は空き部屋がなかったらしいのですが、「正規の病室ではないのですが、緊急用に確保している部屋でよければ」ということで、受け入れてくださいました。

 父がホスピスへ移ってからは、家族全員、心からホッとしました。
 ホスピスへ移る頃の父は、もう自力で立ち上がる体力もなくなり、会話も非常にチグハグなものになっていたのですが、ホスピスでのなごやかな雰囲気と手厚い看護は、父にも伝わっていたのではないかなと思います。
 ホスピスに移ってから、父はお茶会に出席したり、孫のキーボード演奏や大好きな音楽を楽しむ機会もありました。
 朗らかな看護師さんや医師達も、しょっちゅう父の様子を見に来てコミュニケーションをとってくださり、その様子に私達家族も癒されていました。

 そうして、父はホスピスへ移ってから11日目……、安らかに光の世界へと旅立って行ったのでした。

 身体の治療のみならず、ホスピスのように心のケアも大切に考えてくれる病院が、もっともっと世の中に増えるといいですね。
 病院のみならず、様々な施設、学校、職場、地域、はたまた家庭でも、お互いの心を常に大切に優しく思いやることができたら、どんなに素敵でしょう……。

 今回の父の死も、確かに非常に悲しくさびしいことではありますが、とても貴重な経験と勉強をさせていただいたなという気がしています。
 同時に、今回のことで心にぽっかり穴が空いた……というより、なぜか、心の中にふんわりとした暖かな光が灯ったような、そんな感覚があるのです。

 とにもかくにも、さあて、心機一転です!
 この先、ますます私らしく、精一杯、生きていこうと思います!

 今までも、そして今、この瞬間もありがとう、お父さん!
 お母さんには会えましたか?
 そこからきっと見えてるでしょう?
 この通り、私は今日も元気です!(*^▽^*)
コメント(2) 

2018年 謹賀新年 [雑記]

 [ぴかぴか(新しい)]明けましておめでとうございます[るんるん][ぴかぴか(新しい)]

 皆さま、お一人お一人にとって、素晴らしく充実した一年となりますように!

 新年早々、ブログをのぞいてくださってありがとうございます。(*^v^*)
 私は今年もあれこれチャレンジの年になりそうです。
 まずは、1月末にある介護福祉士試験、頑張ります!
(>■<;)こうなったら当たってくだけろだわ〜! ←すでにちょっとヤケクソ

 ともあれ、
 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
コメント(2) 

お休みをいただきます [お知らせ]

 誠に勝手ながら、11月よりサロン営業を再びお休みさせていただきます。
 来年1月の介護福祉士の受験勉強(!?)の時間や、父と過ごす時間を少しでも多く作りたいとの理由です。
 
 マイペースサロンで本当に申し訳ありません。
 暖かな季節になったら、是非また再開したいと思っています。

 ……ああ、それにしても、……また試験……。(==;)
「学校を卒業したらもう試験を受けなくていいんだ!」と思っていたのに、35歳を過ぎてから、何やらたくさんの試験を受ける羽目に……。
 
 ともあれ、介護福祉士の試験も一発合格するよう、頑張ってみます。
 
 冷え込む季節になってまいりましたので、皆様も体調にはくれぐれもお気をつけてくださいね。
コメント(0) 

父の治療2 [雑記]

1.jpg アロマセラピーが認知症に有効だということで、今日は父の元へ、朝と夜用のブレンド精油とアロマネックレス、それとお手軽デフューザーを持って行って来ました。
 
 認知症になる前兆の一つに、嗅覚異常があるそうです。
 高齢になり、匂いを感じなくなると、五年以内に亡くなる割合も高くなるのだとか。
 嗅覚は本能や感情を司る大脳辺縁系と直結していますから、寿命とも大きな関連があるのがなんとなくわかる気がします。

 さて、父のことですが、現在の父は匂いに関してかなり鈍感です。
 今回の精油をつけたムエット(試香紙)を鼻先に近づけてみた所、ややしばらくしてから「ああ、なんか匂うね」といった具合でした。
 父と一緒に住んでいるわけではないので、いつ頃から父が匂いを正しく感知できなくなったのか定かではないのですが、最近は傷んだ食材の嫌な臭いもよくわからないそうです。
 しかし全く匂いを感じないわけではないので、嗅覚を積極的に刺激すれば、もしかしたら改善するかもしれません。
 嗅覚は比較的、再生しやすい感覚とのことですし、嗅覚への刺激は認知症を患った脳にもとても有効だという医学的なデータもあります。

 とりあえず、がんばって二週間程、朝と夜とで違う香りを嗅いでもらうよう、父と、それから同居している家族に頼んできました。
「アロマネックレスはもしかしたら嫌がるかも……」と思っていたら、案の定、予感的中で、ネックレスのチェーンが首に着くのが嫌だと拒否されてしまいました。
 そんなわけなので、部屋にふんわり香りを香らせてもらうか、活動する昼間は、父の衣服のポケットに、香りのついたコットンか綿棒なんかを入れてもらうことにしました。
 さてはて、どうなることやら……って感じです。
 
 父が抱えているもう一つの病気、膀胱がんのことなのですが、引き続き今現在、特にがんの辛い自覚症状はないようです。
 つい先日、病院での検査が再びあったそうなのですが、担当医がすごく驚いていたとか。
 なぜって、前回までのCT画像では、膀胱がんの転移による左のリンパ節の腫れが確認できたのに、今回のCT画像には、そのリンパ節の腫れがすっかりなくなっていたそうなのです!
 担当医が思わず「不思議だな」とつぶやいていたそうです。
 函館の病院での治療が効いているのか、レヨコンプのおかげなのか、それとも父が生活習慣や食事の改善努力をしてることで治癒力が高まったのか、その辺はよくわからないのですが、がんの方はわずかばかり、回復の様子が見られました。
 でも、まだ膀胱自体のがんが消えたわけではないですし、今後も注視していきたいと思います。
コメント(2) 

父の治療 [雑記]

 ブログに記すべきかどうかずい分迷ったのですが、もしかしたら、私と同じような状況で悩んだり悲しんだりしてる方がいるかもしれないと思い、そして、少しでもそういった方々へなにかの参考になればいいなとも思い、私の父の状況を記すことにしました。

 現在、私の父は80歳で、昨年末(2016年)に末期の膀胱がんとアルツハイマー型認知症であるとの診断を受けました。

 膀胱がんの手術も一応受けたのですが、お腹の中の様子を診て、医師はそのままお腹を閉じたとのことでした。
「年齢からみても、抗がん剤などの治療は身体に大きな負担がかかりますから、このまま自然に任せましょう。どうぞ好きなことをして過ごしてください。痛みが出たり苦しくなったら、また(病院に)来てください」と、担当医はじつにあっさりと父に言ったそうです。
 セカンドオピニオンを試したいと話してみた所、その担当医はものすごく不機嫌になったとか……。

 と、そんなわけで、父はがんを治すための一般的な治療は、全く受けずに今日まで過ごしています。
 アルツハイマーに関しては、進行を遅らせるメマリーと抗不安薬のアメルという(なにやらかわいらしい名前の)薬を服用しています。

 父が末期の膀胱がんと認知症であると知った時、もちろん私は一時的には強い衝撃を受けました。
 けれど、母が胃がんの診断を受けた時のようにひどく取り乱すことはありませんでした。
 介護施設で様々な症例の方々に接してきた経験も幸いしてか、「ああ……、父もそういう年齢になったんだな。少しずつ死ぬ準備を始めたんだな」と、自分でも驚くほど静かな気持ちで父の現状を受け止めることができています。
 母のがん闘病の時は『なにもできない自分』でしたが、今回は『少しは役に立つ自分』かもしれないな……とも思ってます。
 この先、父がもし、一人でトイレにも行けず、食べることもできず、寝返りさえ打てなくなっても、「大丈夫!私にまかせて!」と、にっこり笑って言うことができます。
 父の方も、私が介護士の経験があることで、少なからず安心しているようです。
 アロマセラピーが認知症にも有効であることを父に話した時、「お父さんを実験台にしていいよ」と、言ってくれたので、これから父にアロマセラピーも試してみる予定です。
 その様子や変化も、ここに記していく予定です。

 先の文面で、父はがんを治すための一般的な治療は受けていないと記しましたが、じつは、4月頃から一般的ではない治療は受けています。
 いわゆる、自由診療というものです。

 父が月に数度の割合で通っている病院はこちら↓です。

       アドバンス・クリニック函館

 このアドバンス・クリニック函館で治療を受けるようになって、末期の膀胱がん特有の症状である背中の痛みが消えたそうです。
 確かにがんの診断を受けた当初、父は背中の痛みを訴えて辛そうな表情をしていましたし、痛みのせいで背中をまっすぐに伸ばすことができず、よろよろと前のめりになって力無く歩いていました。
 けれど現在の父に苦痛の表情は全くなく、足取りも以前と比べるとしっかりしています。

 父は函館の病院の治療のほかに、私が持っているレヨコンプによるバイオレゾナンス(波動療法)も一日置きに試しています。
 私が父用に膀胱がんやアルツハイマーに効きそうなプログラムを8時間分組み立て、就寝中にそのプログラムで身体の気を整えているのです。

 先月(6月)の担当医による検診では、父のがんは『維持』の状態だそうで、初診の状態から進行しているわけでも治癒しているわけでもないとのことでした。
 でも、明らかに辛い自覚症状は父から消えているわけで、たとえがんが消えなくても、この先普通に生活していけるなら、「このままでもいいんじゃない?」とも思えます。

 函館の病院の治療やレヨコンプが、父の身体にどれほど良い影響を与えるものなのかそれは全くわかりませんが、いや、もしかしたら影響などなにもないのかもしれませんが、とにかく、父の毎日が少しでも平和で充実したものになるよう、心から願っています。

 ちなみに、父の担当医は、やはり自由診療を受けてることに関して良く思っていないようで、「そんなものを受けたって……」というようなことを言う反面、父から痛みが消えたことですごく興味を持ったようで、「その治療を受けて、今後なにか変化があったら教えてください」とも言っていました。

 この先、頭の固い担当医をあっと言わせるような嬉しい変化があるといいな。
 でも、ま、焦らず考えすぎず、目の前のことをていねいにこなしていきたいなと思っています。
コメント(0) 
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。